top of page

美術書の新刊「残したい 伝えたい 日本文化美術事典-寺編」4月21日Kindleストアにて発売!

日本の伝統文化・美術の入門書<シリーズ全9編> 第1弾は<寺編>

視覚デザイン研究所(本社:東京都千代田区、代表取締役:内田広由紀)は、日本の伝統文化や美術について、豊富なイラストでわかりやすく伝える入門書シリーズを制作。2023年4月21日、シリーズ第1弾の「残したい 伝えたい 日本文化美術事典-寺編」を電子書籍で発売しました。


残したい 伝えたい 日本文化美術事典-寺編


  • 著:早坂 優子

  • 絵:多田 しの

  • 発行:視覚デザイン研究所

  • 形式:電子書籍

  • ページ数:98ページ

  • 定価:330円(税込)




日本の伝統文化・美術を身近なものに

本シリーズは、2人のキャラクター

「なんでも知っている化け猫・タマハチロー」と

「新米の観光コンシェルジュ・たまのり子」が

少し難しいイメージもある日本の伝統文化・美術について、

豊富なイラストとともに、ポイントを噛み砕いてわかりやすくお伝えします。

リフロー型の電子書籍なので気になった箇所を簡単に検索したり、

ハイライトやメモを追加できたりと、学びやすさも追求しました。


1編1テーマとし、さまざまな日本の伝統文化・美術の魅力をご紹介

各編テーマ(順不同)

  • 神社

  • 住居

  • 地理

  • 仏像

  • 仏教

  • 美術

意外と知らないお寺のあれこれ

今回発売する第1弾「寺編」では

行事や観光など度々訪れる機会はあるものの、

その起源や建物の見どころなど詳細を知る機会はなかなかない

お寺の世界をご案内します。 お寺の中ってどうなっているの?

お寺の屋根には動物がたくさん隠れている? など、なんとなく見ていたお寺の解像度を上げてくれる1冊です。


 


【会社概要】

会社名:株式会社 視覚デザイン研究所

所在地:東京都千代田区神田神保町1-22-4F

代表者:内田 広由紀

設立:1976年1月

日本美術特集ページ:https://www.shikaku-d.com/tamahachi

事業内容:○ 視覚伝達デザインの研究 ○ 美術・デザイン書・絵本の出版 


【本リリースに関する報道お問い合わせ先】

Comments


bottom of page