top of page

美術書の新刊「残したい 伝えたい 日本文化美術事典」第3弾「住居編」12月初旬に電子書籍にて発売予定!

日本の伝統文化・美術の入門書<シリーズ全9編> 第3弾は<住居編>

視覚デザイン研究所(本社:東京都千代田区、代表取締役:内田広由紀)は、日本の伝統文化や美術について、豊富なイラストでわかりやすく伝える入門書シリーズを制作。2023年12月1日、シリーズ第3弾「残したい 伝えたい 日本文化美術事典-住居編」を電子書籍にて発売します。


残したい 伝えたい 日本文化美術事典-住居編


  • 著:早坂 優子

  • 絵:多田 しの

  • 発行:視覚デザイン研究所

  • 形式:電子書籍

  • 定価:660円(税込)

  • ご予約はこちらから


日本の住居建築の歴史

シリーズ第3弾の本書は、

日本の建築を寺社と住居にわけて考えた場合の、住居ジャンルの歴史がテーマです。


寝殿造・書院造・数寄屋造・茶室・町家など、

歴史の授業などで一度は耳にしたことがある、

でもはっきりは覚えていない建築様式…

本書ではそれぞれがどんな建物だったのかをイメージできるよう、

建物の外側・内側・そしてその中で暮らす人々が使っていたアイテムにも

イラストを使って丁寧に迫ります。


また一見難しそうな建築様式も

・平安時代の貴族たちの家には、プライベート空間はなかった?

・厳しい格差社会を生きる武士の住まいは、

「床や天井に段差」&「インテリアの豪華さも部屋ごとに差」というヒエラルキー表現の場だった

・千利休が完成させた茶室はその後どうリノベーションされた?

など、身近な言葉を使って解説していきます。


誰にとっても身近な存在の住居。

そのルーツを一緒に辿ってみませんか?

本書を読んだ後には、

なんとなく見ていた自宅の和室も

1つ1つのパーツが立って見えてくるかもしれません!

あなたの興味の第1歩を、楽しくお供する1冊です。

 


【会社概要】

会社名:株式会社 視覚デザイン研究所

所在地:東京都千代田区神田神保町1-22-4F

代表者:内田 広由紀

設立:1976年1月

日本美術特集ページ:https://www.shikaku-d.com/tamahachi

事業内容:○ 視覚伝達デザインの研究 ○ 美術・デザイン書・絵本の出版 


【本リリースに関する報道お問い合わせ先】

Comments


bottom of page