top_d-01.png
top_d-03.png

レイアウトは誰でもできる

デザインとかレイアウトという仕事は、特別な訓練を受けた、特に感性の鋭い人しかタッチできない仕事と思われがちだがごく基本的なことを理解すれば、実は身近で使いやすい技術である。謎に包まれていたレイアウトを、一気に身近な技法にしよう。

レイアウト様式を選ぶ

ふさわしい様式を選べば、レイアウトは成功。伝えたい内容にふさわしい様式を選べば、これでデザインの大半は決まったようなもの。様式を決定づける主な要因には、下のような8つの要素がある。これをマスターしよう。

レイアウト効果を決定づける要素

144-p006-1.png

レイアウト様式を決定づける8要素

9784881081433.MAIN.jpg

本記事は1998年発行「レイアウト基礎講座」(著:内田広由紀 発行:視覚デザイン研究所)を底本として再編集し掲載しました。

「レイアウト基礎講座」では多くのレイアウト作品、新聞広告から名刺、求人チラシまで広く紹介しています。

これらの作品によってレイアウトの仕組みがよく理解できたと思います。あらためて、制作関係者の皆様に感謝申し上げます。

各ページ下部に紹介雑誌のリストを掲載させていただきます。情報は底本書籍発行当時のものです。